年齢と治療について

近年、日本国内においては更年期障害の治療に励んでいる女性が増加しています。かつては婦人科などで治療を行っても十分な症状の改善を目指すことができませんでしたが、ホルモン補充療法などが普及している現在では継続して改善を目指す価値があります。インターネット上では更年期障害に関する情報が多数掲載されており、中高年者の女性にとっては大きな関心が寄せられています。更年期障害が起こりやすい年齢としては、40代前半以降が中心となっていますが、ホルモンバランスが乱れがちな現代女性の場合には、若年層であっても決して油断をすることができません。

更年期障害の症状としては、めまいやたちくらみ、吐き気などが挙げられますが、人それぞれ大きく主訴が異なっていることが特徴的です。更年期障害の治療を専門としている婦人科クリニックにおいては多種多様な検査が整えられており、今後もさらに大勢の人が治療に取り組むことが期待されます。

症状と似た甲状腺機能障害とは

更年期障害は閉経前後の10年間ほどの更年期の時期に、体や精神の不調など生活に支障をきたしてしまう症状を起こすものを言います。症状としてはほてりやのぼせ、手足の冷え、耳鳴り、めまい、イライラ、不安感などがあげられます。この更年期障害の症状とよく似た症状を起こしてしまう病気に甲状腺機能障害があります。この病気は甲状腺機能障害を持つ人によくみられ、甲状腺ホルモンが過剰に分泌することが原因で、ほてり、のぼせ、生理周期の乱れ、手足のひえといったことが起こり、更年期障害と勘違いをしやすいことがあります。

治療は薬の服用が必要となります。自分では更年期障害だろうと思っていても、実は他の病気を発症していたと言うようなこともあります。更年期だからこのような不調が起きていると自己判断せず、こういった体の不調が出たときには婦人科などの専門医を受診して、更年期障害では二ということであれば、専門の科を受診するようにしましょう。